今注目の芸能人!

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

今注目と言えば、巷ではフラッシュ脱毛がかなり脚光を浴びていますね!
人気モデルのトリンドル玲奈がCMを務めるミュゼも女子には大人気です。
・・・ミュゼ 料金

移り変わりの激しい芸能界で生き残っていくのは大変ですが、華やかな世界に憧れて芸能界に入る人は絶えません。
芸能界の低年齢化というのも問題となってきていますが、みんながみんな若いわけではありません。
長年芸能界にいて、やっと花開いた人もいますよね。
そんな人も交えて、時期この人が間違いなくブレイクする!という人を紹介したいと思います。


福士 蒼汰
イケメン俳優の王道ともいわれる「仮面ライダーフォーゼ」で主役に抜擢。
顔はもちろん、183㎝というモデル並みのルックスで女の子の圧倒的支持を受けていますね。
ドラマよりも映画に出ている俳優というイメージがまだ強いです。
2014年に公開された「好きっていいなよ。」や「ストロボエッジ」などでも傾向がわかりますが、いつも同じく学校一のモテ男という役柄設定が多いのが残念です。
今後また違った役柄に挑戦するところをみてみたいですね。

斉藤 工
高校生の頃からモデルとして活躍していたにもかかわらず、芸能界で活躍しはじめたのはここ数年ではないでしょうか。
少なくとも認知度があがったのは30歳を過ぎてからですね。
クールな外見とは違い、芸人の友達が多く、芸人主催の〇〇会などとよばれる集まりにもよく顔を出すらしいですね。
最近では雑誌やドラマでも肉体美を披露し、セクシー俳優などとも言われている今注目の俳優さんです。

橋本 愛
あまちゃんでブレイクした彼女ですが、その前から映画「告白」などでも演技と美貌は注目を浴びていましたね。
クールは印象が目立ちますが、オタクや心に闇を持っているような役など難しい役柄も挑戦しています。
あまちゃん以降テレビでみることが多くなり、18歳とまだ若いのでこれからの活躍が楽しみですね。

二階堂 ふみ
沖縄出身ということもあり独特の雰囲気をもった女優さんです。
実力はすでにお墨付きで、ヴェネツイア国際映画祭では出演作「ヒミズ」で最優秀新人賞を獲得しましたからね。
ドラマ「Woman」でも心の病やトラウマを持った少女を演じましたが、圧巻の演技でした。
彼女もまだ19歳と若いので、これから目にする機会が増えていくと思いますよ。

アイドル戦国時代

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

昔から「アイドル」人気はすごかったですが、
現在はアイドル戦国時代といっても過言ではないくらい顔と名前が一致しないなんて当たり前!
というようなアイドルがたくさん輩出されています。

そんな戦国時代を勝ち抜いた勝ち組アイドルといえば、
AKB48やももいろクローバーZ、モーニング娘。などでしょうが、
それでもメンバーの名前は?と聞かれたら答える自信は全くありません。

アイドルが売れるにはもちろん自分たちの努力も必要なのでしょうが、
それ以上にプロデュース力が大事だと思います。

実際AKB48のプロデューサーでもある秋元康氏は敏腕プロデューサーとして有名ですね。
それは今にはじまったことではなく
1985年に当時人気アイドルグループだったおニャン子クラブの楽曲提供をはじめ、
それから小泉今日子の「なんてったってアイドル」や美空ひばりの遺作「川の流れのように」など
様々な楽曲を手掛け作詞家としての地位を不動のものにしました。

他の人がやらなかったようなプロデュース方法を見出し、
CDが売れなくなった今、リリースするCDをより多く販売するために投票券を各CDにつき1枚ずつ封入する
「AKB商法」という新たな言葉まで生まれましたね。
自分のお気に入りのアイドルに総選挙で1票でも多く投票してあげたいがために、大金をつぎこみ、
大量にCDを購入するコアなファンを狙ったマーケティング方法です。

これについては批判的な意見を多く耳にしますが、
ビジネスモデルとしては非常に画期的で
やはりプロデュース力に長けているからこそできた技ではないかなと思いますね。
CD売上などが音楽的評価につながらないという問題点はありますが、
最終的に購入決断をするのは購入者自身ですしね。
(このようなサイトを利用した人も多いはずです!→キャッシング 審査なし


CM起用率でわかる好きな芸能人!

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

芸能界で人気の指標の一つといえるのは、CM起用率ですね。
起用の理由としては知名度はもちろんのことながら、世相を反映していることも大きな要因となります。
例えば不況の時代にはそれを払拭してくれるような元気なイメージのタレントが多く起用されます。
そして商品のイメージにつながることも重要となるので、スキャンダルなどの少ないクリーンなイメージを戦略として狙ってきています。

例えば2014年上半期の女性タレントCM起用社数でランキングをみてみたいと思います。

1位 有村 架純   
    桐谷 美鈴

あまちゃんで人気となった有村架純は主演の能年玲奈よりもランキング上位となりましたね。
大人の事情ですが、人気が上がりはじめたばかりなので制約も少なくCM契約金も比較的安価だというのも起用社数が多い理由のひとつだそうです。
彼女を見たときに、雰囲気が堀北真希に似ていると思ったのは私だけではなかったはずです。
そして同率1位の桐谷美鈴はモデル時代から女の子の支持を強く受けてきましたね。
きっとモデル、女優だけでは1位は獲得できなかったとは思うのですが(失礼。。。)、2年ほど前から情報番組でのキャスターも務めるようになりました。
その姿勢や実力が認められて、今回の結果につながったのでしょうね。

2位 武井 咲
    堀北 真希

オスカーのごり押しともいわれる武井咲ですが、とにかく美少女です。
主演ドラマが一体何クール続いたのか忘れるくらい頑張ってますよね。
アンチが多かったのも確かですが、ドラマを重ねるにつれ演技にも定評を得てきているのは努力の賜物です。
逆に堀北真希のアンチというのはあまり聞いたことがありませんが、安定したポジションを確立しています。
正統派美少女、そしてクリーンなイメージが強いですね。

3位 上戸 彩 
    ベッキー

この2人が親友というのは有名な話ですが、2人ともイメージとしては明るい感じでしょうか。
EXILEのHIROと結婚をして芸能活動を少し控えめにしていた上戸彩ですが、まだまだ人気は衰えていませんね。
対するベッキーは30歳にも関わらずスキャンダル処女でまだまだクリーンなイメージですが、例えば35歳になってもこのクリーンなイメージってプラスになるのでしょうかね?

きっとこのランキングも数か月後には変わっていると思うので、
不倫ドラマで新境地を開いた上戸彩のランキングに注目したいところです。

それから知り合いから「ミュゼのモデルって誰?」と聞かれた、
トリンドル玲奈も個人的には注目ですね(笑)

一押しハーフタレント

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

前の記事でハーフ業界は競争率が高いことを書きましたが、そんな中でも群を抜いているのはやはりローラやトリンドル玲奈、そして最近急上昇中のマギーでしょうか。

老若男女に愛され、今や知らない人はいないといっても過言ではないローラは、バングラデシュ人の父親と日本人とロシア人のクウォーターの母親との間に生まれたハーフ。(日本人の血は極めて低いですね。。。)
誰にでもため口という、芸能界のタブーを破った第一人者です。
もともとモデルとしてスカウトされたのも納得の抜群のプロポーションは同性からするとうらやましい限りです。
ブログでは手料理などを頻繁にアップしていたり、個性の強いインスタグラムなど私生活もお洒落なのも人気の理由ですね。

数多くのハーフタレントの中でも愛くるしいルックスが目立っている生粋の美少女トリンドル玲奈は、オーストリア人の父親と日本人の母親の間に生まれたハーフ。
柔らかい雰囲気の天然キャラかと思いきや、3か国以上が喋れるマルチリンガルの上、慶應義塾大学に在籍している才女というのが最大のギャップです。
ドラマやバラエティー番組でもよくみかけますが、この夏はトリンドル玲奈の脱毛サロンのCMを目にした人も多かったのではないでしょうか。
あの少女のような透明感が出せるのは芸能界、ハーフタレントの中でも彼女しかいないですね。

そして最近急上昇してきているハーフタレントマギーは、カナダ人の父親と日本人の母親の間に生まれたハーフ。
父親もナレーターや俳優など芸能の仕事に少し携わっている方のようです。
他のハーフタレントのように個性が強いわけでも、キャラを押し出すところがあるわけでもないのですが、この安定感がアンチを作りにくくテレビ局も起用しやすい理由でしょうか。
個人的にハーフタレントは日本人男子にはあまり人気がないように思うのですが、マギーファンは芸能界にも数多くいるようですね。


いずれにせよ今後も芸能界に残ってくるであろうこの3人に是非とも注目しておきたいところです。

ハーフタレント急増中

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

ここ数年の傾向として、芸能界に多くの「ハーフ」たちが参入してきましたね。
もともと日本は島国で、他諸国と比較すると混血とよばれる人が比較的少なかったような気がしますが、厚生労働省の調査によると、現在新生児の49人に1人は日本人と外国人の間に生まれる、いわゆる「ハーフ」なのだそうです。
私たちがテレビで「ハーフ」と呼ばれる人たちを目にすることが多くなってきたのも納得ですね。

実際モデルの世界では日本人よりもハーフモデルのほうが断然に多いようですし、それは恵まれた体格や容姿によるものが多いのかもしれません。
とはいっても、日本人向けの洋服や靴をハーフモデルたちが着るというのは実は一苦労なんだとか。
特に日本人の標準サイズの靴をハーフモデルの彼女たちが履くのは相当きついらしく、マメや傷が絶えずできてしまうそうです。
またバラエティ番組などでは毎日のようにハーフタレントをテレビを通してみている気がしますが、実はこの裏では大きなバトルが繰り広げられているようです。
例えばあるテレビ番組に10人のゲストが呼ばれるとしたら、その中のハーフタレント枠は1つと考えるようです。
その1つの枠を狙ってハーフタレントたちもいかに自分たちを起用してもらえるか争奪戦を繰り広げているのですね。
ところがそんな努力を横目に最近ではShellyやベッキー、ウエンツ瑛士などMCができるハーフタレントも増えてきました。
ハーフタレントがMCをすると番組によってはゲストにハーフ枠がなくなることもあるのだとか。
日本人よりも需要がありそうなハーフモデルやハーフタレントですが、芸能界でのポジションを掴むのはそう簡単なことじゃなさそうです。

個人的には、ハーフモデルの中ではトリンドル玲奈が一番好きです。
トリンドルがCMをしているミュゼはとても人気でなかなか予約がとれないそうですが、
「ミュゼの予約がとれない人必見」の裏技もあるので、こちらで予約してみましょう。